NPO法人SSSネットワーク

<活動報告>


「SSS入会説明会」を行いました(3/23/2018実施)

 

 2018年3月23日(金)14時から、高田馬場ダイカンプラザ1階 多目的室(東京都新宿区)にて、「SSS入会説明会」を開催。今回は7名の方にご参加いただき、松原惇子代表より、直接SSSについて説明をさせていただきました。「仲間づくり」に関心のある方、「SSSの女性のための共同墓」に興味のある方など、みなさん、それぞれ目的を持って、参加されたようです。

 なお、次回の説明会は6月22日(金)14時~開催します。

 詳細は「最新情報(https://sssnetwork.jimdo.com/)」をご覧ください。

松原代表よりSSSについて説明。 これからの人生をどうとらえるか……などのお話も!


「ひとり安心大学セミナー」を行いました(3/19/2018実施)

 

『おひとり女性の後見人を引き受けて』講師:関根 由子 氏(NPO法人SSSネットワーク理事)

 2018年3月19日(月)13時30分から、高田馬場エムワイ貸会議室 Room B(東京都新宿区)にてSSS主催のセミナー「ひとり安心大学『おひとり女性の後見人を引き受けて』」を開催、48名の方にご参加いただきました。

 SSSの理事である関根さんは、ご近所で親しくしていたひとり暮らしの女性Aさんのたっての希望で、後見人を引き受けます。ところが、それからまもなくして、元気だったAさんに認知症の兆候が現れ……。以来、亡くなるまでの9年間、後見人として活動された、貴重なお話を伺いました。後見人をやってみて実感した、ひとりの人がいざというときのために準備しておきたい3つの教訓とは? なお、このセミナーのお話は、SSS会報誌『スマイル通信』に掲載する予定です。

平日開催にも関わらず、会員は満員          後半は、関根さんと松原代表のトークセッションに!


 ひとり暮らしが困難になってきた会員が増えてきました(2/16/2018

 

 SSS20年目に入り、調べてみたところ、75歳以上の会員が約150名ほどいることに気づかされました。月日のたつのは本当にはやいものです。亡くなる方も毎年数名でます。また、毎回セミナーに来られていた常連の会員の顔を見なくなったと思っていたら、電車で行くのが大変だという。

 先週も久しぶりの86歳の会員の方から連絡があり、頭がボケたわけでもないが、手を骨折したことで生活が不自由になり、ひとり暮らしが困難になったので、サ高住への入居を考えているとのことでした。

 有料老人ホームに入居できるほどの財力のある人は少ないはずです。そうなると、敷居の低いサ高住に入るしかないのかもしれませんが、サ高住もピンキリなので、よく調べないといけないでしょう。85歳という年齢は、最後の引っ越しを決断するときなのかもしれません。

 


 「ハッピーアワー関西」を行いました(大阪)(2/10/2018実施)

 当日は寒いうえに雨というなか、参加者は6名でした。

 今回のハッピーアワーでは、生活に役立つ知識について情報交換をしました。

 例えば、「トイレの水が急に流れっぱなしで止まらなくなったときには、タンクにつながっているパイプのもとのネジをしめれば、とりあえず水は止まる」「寒い時期は、給湯器のなかに残っている水が凍ると給湯器本体が壊れて大変なことになるので、給湯器のスイッチはつけっぱなしでも大丈夫」など、大きなトラブルにならないために知っておきたい豆知識でした。

 


「ひとり安心大学セミナー」を行いました(1/26/2018実施)

 

『おひとりさまと認知症』講師:池上 諄一 氏(介護福祉士・認知症ケア専門士)

 2018128日(日)10時から、高田馬場エムワイ貸会議室 Room A(東京都新宿区)にてSSS主催のセミナー「ひとり安心大学『おひとりさまと認知症』」を開催、55名の方にご参加いただきました。

 今回のセミナーでは、NPO法人市民助け合いネット理事で、介護福祉士・認知症ケア専門士の池上 諄一さんをお招きし、「認知症とは何か」「認知症と診断されたら……」「認知症にならないためには」など、認知症の基礎知識をはじめ、池上さんご自身のご体験から認知症の症状や改善など、具体的なお話をお伺いすることができました。

 「認知症になったらどうしよう?」と漠然と不安を抱えているのではなく、まずが認知症について知ることが大切なのではないでしょうか……。

 おひとりさまにとって「認知症」は老後の不安のひとつ               講師・池上氏の話を熱心に聞く参加者 


 昭和村で行われた「どんと焼き」に参加しました(1/14/2018

 

 「あぐりーむ昭和」とSSSネットワークは5年前から友好関係にあります。昭和村の畑を借りたり、イベントに参加したりして、友好を深めています。もし、首都圏が大地震に遭遇しても昭和村に行けば、お米も野菜もあるので大丈夫。人間の生活の基本は食糧と屋根。両者がハッピーなプロジャクトができないか模索中です。

 昨年の御札を焼きに、空気も寒さも半端ではなくすごい昭和村のどんと焼きに参加しました。今年がいい年でありますようにと願いながら。SSSがわざわざ東京から参加してくれたと喜ばれ、こちらもうれしいどんと焼きでした。

 


 SSSの部会・12月の活動報告

 

「現役ミドル部会」を行いました(2/17/2018実施)

 原則として現役の方が集まる懇親会です。今回は「石庫門」お茶の水ソラシティ店にて、中華料理を楽しみながら、交流を深めました。

 

「喜楽にランチ会」を行いました(2/15/2018実施)

 バレンタインの翌日で、個室を予約できたこともあり、いつも以上に楽しいランチ会となりました。

 

「終いの住処を考える部会」を行いました(大阪)(1/27/2018実施)

 今回は、会員の方からの声により「民事信託」の勉強会を行いました。部会終了後、お食事会で会員同士の交流をはかりました。

 

「喜楽にランチ会」を行いました(1/13/2018実施)

 今年初めての「喜楽にランチ会」は新年会をいたしました。お食事はもちろん、皇居の景色、会場の雰囲気、そしてゲームなどなど……みなさまには好評でした。フルコースのお食事後、デザートタイムにはレストラン内の別室をお用意していただき、そちらに場所を変えて、遊び心を入れた企画をし、大いに楽しんでいただきました。その後、いつも通り二次会へと繰り出し、ゲームの延長戦もいたしました。今回は18名の参加でした。(世話人からの報告)